グリーンカーテンを育ててみよう^^;

巷では節電の影響もあって、グリーンカーテンが人気らしいですね。

今年の夏を!という方が多い為か、ゴーヤなんかが品薄なんだとか。

もちろん、ゴーヤ以外でもグリーンカーテンは出来ます。
しかし、今年の夏・・・となると、かなり限られて来るのは確かです。

ゴーヤ以外で今年の夏を・・というグリーンカーテン候補の筆頭は、
もちのろんで、朝顔でしょう。

朝顔も一年草ですから、これから暑くなるにつれ、グングン伸びます。

深さが40cmくらいあると、夏場の水切れに強いのでお勧めです。
通常の20cmくらいの深さのものだと、水切れが頻発する上、
栄養の少ない貧弱な状態のグリーンカーテンとなってしまいます。^^;

これは、ゴーヤにも言えることで、
深さの浅いプランターを使うくらいなら、
長鉢の8号くらいを使って、一株ずつ植える方が良いかも知れません。

一年草だと、この2種類がまぁ、妥当なところでしょうか・・・。


しかし、これが来年以降も見越したものとなると、品種は激増します。

外壁に這ってしまう厄介な植物もあるので、注意が必要ですが、
様々な植物の中で、おすすめなものをいくつか挙げておきましょう。

<グリーンカーテンに良いなぁ・・という我流的おすすめ植物>

◆ナツヅタ・・・冬は枯れるのでいいですね。甲子園の外壁にあるやつです。

◆ノウゼンカズラ・・・根っこも幹・枝からも、色々なところに這うので注意が必要。

◆デプラデニア・・・あまり寒い地域では屋外での越冬が難しいです。

◆宿根朝顔・・・花が咲くまでに最長で2年かかりますが、強くて素敵ですよ。

◆時計草・・・時計のような不思議な花が咲きますが、一日花なので少し残念。

◆モッコウバラ・・・棘もなく管理し易く、花も見事です。自分からは這わないので、誘引が必要です。

グリーンカーテンにおすすめなのは、ここら辺の植物ですかねぇ。

まぁ、他にもあるんでしょうが、パッと思い出したのはこれくらいです。

這わせる部材は、菜園用のグリーンネットや竹支柱など、
植物や這わせる場所に併せて、色々と使ってみてください。

一年草や冬場に違う場所で育てる場合には、
ロープなどを軒下から張ってみるのが、結構、簡単で良いと思います。


コメント欄からお気軽に質問などどうぞです。

人気ブログランキングへ

ハイビスカス クイーンスター【画像テスト】



本日入荷したハイビスカス クイーンスターを撮影。

それと、画像テストも兼ねております。
※通常の画像の添付方法よりも、一手間かけることで、どうなるか?というものです。

ハイビスカス クイーンスターは、
ピンク大輪系の迫力ある花とハイビスカスの他品種と趣の違う花弁をしていますね。


ついで?に、ハイビスカスの育て方を我流ながらにご紹介します。

ハイビスカスは、浜松市周辺なら無加温で越冬可能です。

出来たら、屋根のある場所、
欲を言えば、壁もある場所に冬は取り込められれば理想的です。

ハイビスカスは、真夏の花の印象も受け、まぁ、広義ではそれで問題無いのですが、
実は、真夏はあまりは花付きは良くありません。

それよりも、秋〜晩秋にたくさんの花を付けます。


まぁ、これは日照の問題とか色々あるわけですが、
簡単に言えば、夏バテするような感じです。

例えば、今日買ったハイビスカスが、3週間ほどは咲いたのに、
7月下旬辺りから、あまり多くの花や大きな花を付けないことは良くあります。

買って来た鉢が小さめな場合はもちろんですが、
大き目の鉢に植え替えた場合でも、そういうことは起こりますのでご安心ください。

ちなみに、大き目の鉢に植え替える場合には、根を多少切ってしまうのは後々の為になります。
※但し、その時に付いている花芽を残したい場合は、あまりたくさんの根を切ってしまうのはご法度です。

化成肥料(白い粒)や有機肥料(黒くて臭う)を株元に施肥しておけば充分ですが、
夏バテが気になる方は、ハイポネックスなどの液体肥料を2週間ごとにあげましょう。

剪定は、大凡、何処の枝で切っても問題ありません。

お庭に植えてみたり、他の夏用の花苗と組み合わせて寄せ植えのシンボル的な使用も可能です。

ハイビスカスは、越冬させること以外は、全く難しいものではないので、
ちょっとやってみたいなぁ・・と思ったら、始めてみてはいかがでしょうか?



真・我流御免へご訪問いただきありがとうございますm( _ _ )m
ガーデニング以外でもコメントはお気軽にどうぞ。
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
↓たくさんの花・ガーデニング関連のブログを、ご覧いただけます↓
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆

浜松市近辺のガーデニングなら、ガーデニング用品 花+庭 アポロンにお任せ下さい!
ブロメリア管理方法(アナナス・グズマニアなど)
以下、Yahoo!オークションに現在出品中のアナナス・グズマニアの管理方法です。

生産者さんが作った割とイケテるものです。

お買い上げいただいたお客さんには差し上げております。

全て、原文のまま記事に致します。


ブロメリア管理方法

■特徴
高級観葉植物の中では、ご家庭でも管理しやすい植物です。
コチョウランなどのラン類に比べると長い期間花を楽しむことができます。
カラフルな花のように見える部分は実は花ではなく苞(ほう)と言います。

■由来
ブロメリアはパイナップル科の植物でアナナスとも呼ばれています。
原産は南アメリカで、東南アジアなどの雨季と乾季がある気候下にも生息します。
葉が筒状になっているのは雨季に水を貯めて乾季を乗り越えるためと考えられています。

■品目
ブロメリアを大きく分けると、グズマニア(チェリー・ヒルダetc.)・フリーシア(ティファニーetc.)・エクメア(ファシャータetc.)・チランドシア(クリエーションetc.)・ネオレゲリア

■花が届いたら
すぐに透明のビニールスリープをとってください。

■置き場所
日差しの強い場所と湿度の高い場所は避けてください。
レースのカーテン越しなど、風通しの良い場所が理想的ですが玄関なども良いでしょう。
夏・・・35℃以上になりますと花が傷む原因になります。
冬・・・5℃以下にはしないで下さい。
凍傷の原因になります。
適温は10℃〜30℃です。

■水やり
出来るだけ苞の上から植物全体に水が行き渡るようにあげてください。
じょうろ等を使って葉が筒状になった所に水がたまりあふれた水が土にかかるくらいまであげて下さい。
鉢の下から少し水がでてくるぐらいが良いです。
夏は3〜4日に1回、冬は1週間に1回ぐらいが目安です。
土にだけ水をあげるのではなく、植物全体にあげるようにして下さい。
なぜならブロメリアは土と葉の両方から水を吸収するからです。
・底面吸水は避けてください。
・葉が丸まってきたら水が足りないというサインです。
すぐに十分な水を与えて下さい。

■肥料
ブロメリアは肥料をあまり必要としない植物ですが、葉の色が薄くなった時などには市販の液体肥料か、緩効性肥料を少量与えて下さい。
肥料の量が多くなっても害は出にくい植物です。

■病害虫
ほとんど心配ありませんが
通年・・・カイガラムシ:風通しを良くして、土を乾かしすぎなければ大丈夫です。
夏・・・スリップス、アブラムシ:市販の農薬を使えば簡単に防除できます。
冬・・・立ち枯れ病:根を腐らせないよう、土が常に湿った状態にならないように気をつけてください。

■寄せ植え・地植えする場合
用土は、市販の土を使ってくださっていいのですが、赤玉土は向いていません。
ブロメリア以外の植物と寄せ植えする時は水管理が近い植物を選ばれることをおすすめします。
地植えする場合は直射日光の当たらない風通しのと排水の良い場所にしてください。

■増やし方
一度開花した株は、2度と花をつけることはないので、子株から新しく育てます。
取り木の方法を使います。
枯れてしまった中心の花(苞)を下から10cmぐらいの所で切ります。
そして葉を付け根から15cmぐらい残して全て切ります。
そうする事でつけ根から「子株」がでてきやすくなります。
子株が成長して15cm前後になったら親株から切り離します。
この時、子株が小さすぎると根が出にくくなり大きすぎると成長した時に葉の枚数が少なくなり花がつきにくくなります。
そして付け根を濡れた粗めのガーゼなどでつつみ、粗めの土(ピートモス、パーライトetc.)に植えます。
ガーゼを濡らす際に発根剤を使うとより良いです。
植えてから根が出るまで2ヶ月ほどかかりますが、その間は極端に土を乾かしすぎないようにして下さい。
子株を植え込むのは4〜9月ぐらいまでのあたたかい時期がいいです。
寒い時期だと根が出にくいからです。
半年〜1年ぐらいで株が30cm〜50cmほどに大きくなったら、エスレル(農協などで手に入る植物生長調整剤)よって開花させます。
これを水で200倍くらいに薄め葉が筒状になった所に10cc程度1度だけ与えて下さい。
植物生長調整剤を与える前後3日間は水を、前後1ヶ月は肥料をあげないで下さい。
苞に色がつかなくなります。
うまくいけば4ヶ月後くらいに花が咲くでしょう。
花がうまくつかない時は、もう一度だけ同じ処理をしてみて下さい。



以上です。

愛情がたっぷり!な感じが伝わって来ますね。

窓枠事務小屋で長文に挑むと、肩が壊れます。

いて、てぇえ!


ご訪問ありがとうございますm( _ _ )m
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
↓他の花関連の記事を、ご覧いただけます↓
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆

浜松市近辺のガーデニングなら、プラスKへお任せ下さい!
うぉおぉ〜!
うぉおぉ〜!

寄せ植え作るぞぉ〜!

夏物の寄せ植えをみな作り変えます。

何度も書いていますが、ビオラやパンジー、桜草などは、地温が温かい内に花壇や寄せ植えに使うと、正月に咲いてくれます。

また、大きな株で越冬しますので、春先の早い段階で大きく育ってくれます。

まぁ、たまには花屋らしいことも書かないとイケマセンね。

ガツンと植え込みますので、ヨロシク。

また、写真でもアップしておきます。


ご訪問ありがとうございますm( _ _ )m
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
↓他の花関連の記事を、ご覧いただけます↓
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆

浜松市近辺のガーデニングなら、プラスKへお任せ下さい!
カリブラコア ティフォシー管理/梅雨時期
カリブラコア ティフォシーの管理です。
1〜2回程度、肥料を与えて、その後すくすくと育っているはずです。
で、今は日本の大部分は梅雨ですね。
梅雨の時期は、お花はちょっと元気が無くなります。
いや、実は元気はあるのですが、雨が続いたり、日が出ない日が続くと・・・。
ちょっと、元気では無くなります。
この時期、思い切って刈込んでしまうことをおすすめします!

花の種類により、刈込み方は異なりますが、
傷口が雨でぐじゅぐじゅにならない様に、次の日は天気がもちそうだ!
(今日から数日も良さそうですが・・・)
そんな日を選んで、刈込んであげましょう。

カリブラコア ティフォシーは、何度も言いますが、何処で切っても大丈夫です。
さすがに土の表面1cmではやり過ぎの感がありますけど・・・。
そうしておくことで、梅雨明けにボッサボッサになっています。
そして、盛夏を迎えます。

盛夏になると、これまた株元が痛みますので、夏の終わりにバッサバッサと刈込み倒します。
そうすると、秋に咲きます。
涼しくなって来たら、大きな刈込みはやめておきます。
小剪定を繰り返しながら、初冬まで咲かせてあげてください。

また、時期を追ってカリブラコア ティフォシーに関しては触れて行きますので、よろしくね。

※→のカテゴリー内の「我流御免植物指南書」を見ていただくとまとめて植物の管理が色々と出て来ます。
※特定の植物に関しては、ホームページの「我流花図鑑」(未完もいいとこ)をご覧下さい。
※他にも真・我流御免ブログ右上の検索窓に言葉を入れて、ブログ内を検索いただくことも可能です。


ご訪問ありがとうございますm( _ _ )m
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆

浜松市近辺のガーデニングなら、当方へお任せ下さい!
ハイビスカスの育て方〜管理法
先日のYahoo!オークションで出品・落札されたハイビスカス。
花鉢は、必ずと言っていいほどですが、根詰まりを起こしていました。
それにより、花蕾が正常な状態ではありませんでした。
そこで、花屋としても私の一存で、(良くない・咲かないであろう)蕾を取り除き出荷致しました。
お客さんの一人から、蕾が無くて、残念だと言われてしまい、私も残念になってしまいました。

蕾が咲かないままに、ポロポロと落ちてしまう。
そんな事を店頭に立って居ても、良く聞かれるので、
ここでもハイビスカスの育て方〜管理法を簡単にまとめてみます。
先日のメルマガ「ガーデニング我流御免!」でも、ハイビスカスを取り上げては居るのですが・・・。

蕾が咲ききらないのは、根詰まりが主な原因です。
これを解消するには、植え替えが有効な手段であり、唯一の方法であると言えます。
鉢から、ハイビスカスを抜き出すと、根っこがカップ麺の様にぐるぐる巻きになっていると思います。
この根っこを、全体の5分の1〜2程度の部分(先端)をほじって、取り除きます。
そして、新しい土で一回り大き目の鉢か、花壇に植え付けます。
※鉢は、プラよりも素焼が望ましいです。

最初の内こそ、根をいじった影響が出ないとは言い切れませんが、
その後に、必ず大きな株となり、花芽もたくさん付けてくれます。

そして、植え替えから一ヶ月ほど経ちましたら、化成肥料を与えます。
化成肥料は、塩豆程度の大きさの白い粒状の物が良いでしょう。
これを、1〜2ヶ月おきに適量施肥します。

適量は、肥料袋の裏側にも記載されていると思いますが、
8号(24cm径)で、軽く一握りで良いでしょう。
粒の大きな物は、ゆっくりと溶けるので、与え過ぎても害は無いと思います。
但し、与え過ぎても良い結果にはなりませんので、あくまで適量です。

と、こんな感じで、暖地であれば12月に入っても咲いてくれます。
株が大きくなれば、その都度、鉢を大きくしてあげても良いでしょう。
毎日毎日、花を咲かせてくれる様になれば、大成功です。

以上、簡単にではありますが、ハイビスカスの育て方〜管理法とさせていただきます。
ご相談事は、何でもお気軽にメールやコメント欄からどうぞ。

さて、浜松は梅雨空です。
但し、今日だけの様です。
雨では、商売になりませんが、降ってもらわないと水不足となります。
梅雨は、やっぱり、梅雨らしくないと・・ね。

ご訪問ありがとうございますm( _ _ )m
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆

浜松市近辺のガーデニングなら、当方へお任せ下さい!

カリブラコア ティフォシー育て方:施肥
皆さんのお宅のカリブラコア ティフォシーの調子はいかがですか?
植え付け、刈り込みと説明して来たカリブラコア ティフォシー育て方ですが、
そろそろ肥料をあげてみたいと思います。

肥料の種類は、大きく分けて先ず2つに分類されます。
置き肥と呼ばれる固形肥料と水肥と呼ばれる液体肥料です。
そして、それぞれの肥料は、有機系と化成系に分かれます。

置き肥の有機系と言えば、油粕が代表格ですね。
これには、粒の大きさにより更に分類されて行きますが、
大きく分けて、大粒、中粒、小粒、細粒となるでしょうか。

大粒は、ゆっくりと溶けて行きますので、即効性はありません。
使用法としては、果樹などを始めとした樹木に与えるのが適しています。
中粒、小粒は、大粒よりも早く溶けますので、若干の即効性はあります。
鉢花、寄せ植えなどに適していると思います。
細粒は、粉ですので、土と一緒に混ぜ込んで元肥に使ったり、
畑や花壇に撒いて使用するのが一般的です。

但し、有機系の物は、虫が湧いたり、匂いがあったりしますので、
最近では化成系の肥料が使用される割合が高い様に思います。

今回、使用する肥料も化成中粒程度の大きさを使用しております。
ちょうど、塩豆を想像していただけると良いですね。
グリーンピースなサイズです。
カリブラコア ティフォシー育て方:施肥01
注意書きなどに使用量などが書いてありますが、参考程度で良いと思います。
今回の7号鉢(21cm径)で、軽く一握りで構わないでしょう。
増減は、貴方にお任せします。
肥料あたりと呼ばれる、植物の腹痛みたいなものは、
幼過ぎる苗や細粒タイプの肥料を与え過ぎない限り、めったやたらと起こるものでは無いのでご安心下さい。

これを、株元に撒いて行きます。
カリブラコア ティフォシー育て方:施肥02
株の根元から離して施肥をする・・という言葉を良く耳にすると思います。
それは、肥料の成分が遠くにあることで、そこへ根っこが伸び、結果、よく根が育つというイメージです。
まぁ、あんまり気にし過ぎなくても良いですよ。

ただ、1ヶ所に山にして与えるよりも、2〜3ヶ所と置いてあげるのが効果的です。
まぁ、これもイメージですが・・。
肥料の説明書きを読んで貰うと、2ヶ月位はもつと書いてあると思います。
※1ヶ月と言うのもあると思います。
で、この白い粒ですが、肥料分が無くなっても、形は残ります。
形がそのままだからと言って、まだ肥料が効いてるわ♪というのは間違いですので、ご注意下さい。
※私の化成肥料は、2年ももってるわよ・・というお客さんが居ました。(実話)

で、刈り込み&施肥を繰り返しながら、カリブラコア ティフォシーを育てて見て下さいね。

水肥ですが、これは水に薄める肥料のことです。
ハイポネックスやスーパー1、HB−101などがありますね。
これは、置き肥と違い、即効性が強いです。
いや、その時だけ効果があるので、即効性だけ・・と言った方が良いかも知れませんね。
これは、夏場にガンバレ!との気持ちを込めて使用したり、お花が絶えず咲く様なものに対して、補助的に与えるのが最も一般的なやり方です。
置き肥をせずに、水肥ばかりでは、植物にとってもあまりよくありませんし、
経済的にもおすすめ出来ません。
水肥は、あくまで補助的な役割をするものだと覚えておいて下さい。

ご訪問ありがとうございますm( _ _ )m
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆


素焼き鉢vsプラ鉢
植物を育てる上で重要な要素のひとつに、
よく「水はけの良い」という表現が用いられます。
これは、読んで字の如く、土が乾くという表現です。
植物の根は、ほとんどが土が乾いた状態の時に伸びます。
それは、水が欲しいと手を伸ばすかの様に、根っこが伸びていくイメージです。
常時、水がたっぷりと与えられていて、尚且つ、水持ちの良い土である場合、
根が伸びる時間が、植物に与えられません。
ですから、水はけの良い・・となるわけです。
花壇にしても、鉢植えにしても、水はけは重要です。
そして、それは土だけの問題ではありません。

例えば、鉢の素材も深く関わって来ます。
素焼の鉢は、小さな穴が鉢の表面全てに空いている様なもの・・・。
そうすれば、必然的に水の乾きがよくなるわけです。
カリブラコア ティフォシーを植えた鉢も、当店で2種類あります。
カリブラコア ティフォシー育て方で、いつも写真に掲載されるのは、
プラのスタンド鉢です。
しかし、それから1ヶ月も後に植えた素焼きの鉢が、明らかに育ちが良いのです。
ここまで違うとは・・・正直言って、甘く見てました。
プラ鉢でも、そこまで変わらないだろう?と高をくくっておりました。
益々、素焼の鉢が好きになりました。

但し、これからの季節。
梅雨が過ぎ、夏本番になると、プラ鉢の水持ちの良さが活かせることも出て来ます。
まぁ、それも気を付けないと、土中の水が温かくなってしまうので、注意が必要です。
どちらにしても、適度な水はけは必要です。

あぁ、それにしても、園芸の世界は奥が深いですなぁ。
毎日の様に、新しい発見を致します。
大切な事が、日常の中にたくさん散りばめられております。
どんな人に聞いても、園芸の世界での勉強に終わりは無いと言います。

私の持論でもあるのですが、園芸一般は、若い内から始めるに越したことはありません。
盆栽などがいい例です。
10年20年30年・・と、育てて行く長い過程が醍醐味ですから、
完成!とまで行かなくとも、ある程度の形になる前に、人間さまがくたばったら、淋しいですよね。
盆栽は、日常の管理もそんなに大変ではありませんから、
盆栽だ!と構えて育てる必要はありません。
むしろ、外国から来た観葉植物に比べ、日本やアジアの植物が盆栽に仕立てられる事が多いので、馴染みのある木なら何でも盆栽になると言っても過言ではありません。
昔、何処かで見た木・・でも良いですし、
野山にある木で好きな物から、駐車場を作る時に庭から消えてしまった木でも良いと思います。
もしかすると、20cm程度の盆栽でも、貴方より年上かも知れませんよ?
そんな植物と、一緒に暮らすことは、きっと財産になるはずです。
さぁ!盆栽を始めよう!
・・・と、言うと、渋過ぎるので・・先ずは花をひとつ育ててみましょう!


ご訪問ありがとうございますm( _ _ )m
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆


トロピカルな寄せ植え
S邸寄せ植え
写真はS邸の寄せ植え完成品です。
ニューギニア インパチェンスとベゴニア センパフローレンスを組み合わせてみました。
ニューギニア インパチェンスやハイビスカス、ブーゲンビリアなどを使用すると、
一気にトロピカルな植え込みになりますね。
これに、カラジュームやヒポエステスなどの、南国チックな葉物を加えると更にらしくなります。
夏場の寄せ植えは、何でもあり!ですので、
これ使えないかな?と、好きな観葉植物のある方はとりあえず、植え込んじゃって下さい。
答えは、植物の顔色が教えてくれることでしょう。
もちろん、浜松市と近隣地域のお客さんなら、植え込みやアドバイスに伺いますので、お気軽にご相談下さい。
もちろん、配達可能です。
浜松板屋町店には、今、現在は観葉植物もなかなか置ききれませんが、
注文などで対応しますので、大きな観葉植物などもご注文下さい。
ちょっと、見本的に置いてみたいのですが、風通しが良過ぎて、葉が痛みますので・・・。

エンジン音というか、振動がビリビリと事務小屋にも響きます。
耳の穴が振動で痒くなりました。

ご訪問ありがとうございますm( _ _ )m
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆


未確認植物?


未確認植物発見!
いえいえ、まるで宇宙人の様な、サボテンです。
宇宙人と言いましたが、私はまだ宇宙人を見たことがありませんので、想像です。
このサボテンの名前は、テレサエと言います。
学名は、Mammillaria theresae(マミラリア テレサエ)です。
原産地は、メキシコ・ドゥランゴ州です。
ドゥランゴ州?聞いたこと無いなぁ・・という方、大丈夫です!
私も初めて聞きましたから。

特徴(生産者さんの作った説明書き参照)は、
マミラリア属の中で小型の代表選手がこのテレサエです。
このサボテンは、小型にも関わらず大きな花を咲かせます。
また、標高約2500mに生える高山種です。
植物体から伸びる細長いイボ(マミラリア属の特徴)の先端に軟らかい約25本の縁トゲがあります。
このサボテンに触れても痛くありません。
また、中トゲはありません。
花は薄紫色で春に咲きます。(原文のまま掲載)

生産者さんの説明書きの中では、かなり文章として成立していますね。
たまに、中国で生産された花火の説明書きみたいな物がありますからねぇ。
中には解読不可能なものも・・・。

2.5号プラ鉢に入っているこの商品。
なんとまぁ、結構、高価なものでございます。
約1000円
上代設定に迷うような仕入れ値でございます。
近く、他の品種共々(全部で20種類)をオークションや通販で販売する予定です。
どうぞ、お楽しみに♪

さて、気になる本日の営業状態ですが、車に載った花を下ろした程度ですね・・・。
お〜!アウフヘーベン!



ご訪問ありがとうございますm( _ _ )m
真・我流御免は人気ブログランキングのガーデニング部門にて奮闘中です。
応援していただける方は、以下のバナーをクリックして下さいませ。
人気ブログランキング・・真・我流御免応援します☆



ブログランキング


無駄吠えストップ!!!



CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
開運財布
CATEGORY
COMMENT
PROFILE

LINK

無料ブログ作成サービス JUGEM


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.